活動ニュース

 

円高=悪玉論に疑問を呈す

 

10月21日(木)
 
トヨタやパナソニックなど日本を代表する製造業の多くが輸出で利益を上げる企業のため、「日本経済は輸出が支えている」と考えがちである。

しかし、総務省の統計を見ると。GDPに占める輸出依存度(08年)は、日本16%、韓国45%、ドイツ39%、中国33%、ロシア27%と、主要国の中では日本がダントツに低く、「日本はむしろ内需国」という見方もできる。
その意味で、いたずらに国民の不安をあおるような円高=悪玉論には一定の距離を置くべきだろう。

資源が乏しい日本は、海外から輸入した原材料を加工して商品を輸出している。円高になれば、輸出企業は目前の利益は減るが、輸入するときに、原材料を安く仕入れられるメリットがあり、歴史的にも一定の期間の中で調整がなされてきた。

日本の政治が迷走を続け、信用を失う中で、これだけ円高が続くのは、国際的に「日本経済は底固い」という信頼が強まっていると見るべきであろう。
 
 
egarinのブログ開設しています。
 
アクセス先は、次のアドレスです。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/tosimitu1962

« 「敵を減らし、味方を増やす」ことが外交の基本   国の安全保障こそ第一 »

前のページにもどる前のページにもどる

活動ニュース
カテゴリ

主な活動地域

静岡3区公認候補
静岡県 磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市(旧浜岡町)、周智郡森町、浜松市(旧春野町)

お問い合わせ

〒422-8006

静岡市駿河区曲金4-1-12-2 2F

TEL 054-266-7837
Cell 090-6522-3441
FAX 054-266-7835

幸福実現党 Youtube幸福実現党チャンネル