活動ニュース

 

政府は、対中強硬策を断行せよ!

 

10月30日
 
日本政府は、シナの主張にひるんではならない。
 
「尖閣諸島は日本固有領土である」ことを、この機会に世界に堂々と発信せよ。
 
「盗人猛々しい」中国は、「ウソも百回くり返すと、本当になるという」理論で、強硬策をとってきている。
 
シナの「覇権主義」に負けないように、言い返さなくてはならない。
 
シナが恐れているのは、日本が「サムライ国家」に変わることである。
 
日本が「国家としての主権を護る気概をもつ」ことが一番の武器になる。
 
さらに、日本がアジアのリーダーとなって、シナの「中華帝国主義」からアジア諸国を護ると、高らかに宣言し、中国周辺国と協力して、シナを封じ込める国家戦略をうちだすべきである。
 
明らかに日本を侵略しようと企んでいるシナに対して、
憲法9条を改正して、軍備を整えなくてはならない。
 
シナが、日本の領土に侵略する、あるいは、日本国民に不利益な行為をするような動きがあれば、
「憲法9条を改正して、国家の主権を守る」と主張すべきである。
 
政府は、対中強硬策を断行せよ!

« 日米同盟を堅持して、沖縄を守る   震災復興・日本再建に向けての政策提言 »

前のページにもどる前のページにもどる

活動ニュース
カテゴリ

主な活動地域

静岡3区公認候補
静岡県 磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市(旧浜岡町)、周智郡森町、浜松市(旧春野町)

お問い合わせ

〒422-8006

静岡市駿河区曲金4-1-12-2 2F

TEL 054-266-7837
Cell 090-6522-3441
FAX 054-266-7835

幸福実現党 Youtube幸福実現党チャンネル