活動ニュース

 

原発を停止させる前に、自ら退陣せよ!

 

5月9日 JR掛川駅にて街頭演説を実施
 
 
福島原発は、いわゆる「原発事故」というものではなく、「発電機事故」である。
 
発電機の故障による冷却装置が作動しなかったことを、原子力そのものの危機として世界に広めて、世界の人を震え上がらせている。
 
中部電力に15メートルのフェンスができるまで原発を止めろといっているが、
いずれそういった地震や津波が起きるかも知れないが、ほとんど責任逃れとしか言いようがない。
 
菅総理の浜岡原発停止要請は、国民経済や国民生活への負の影響を一切考慮しない、人気取りのパフォーマンスであり、震災が再び起こった際に、自らに責任がふりかからないようにするためのアリバイづくりに過ぎない。

 
菅氏は市民運動の時から原発反対論者である。
今回の震災を機に原発をなくしてしまいたいと思って、原発反対論者に加担して、いろいろと言わせようとしているが、その後のエネルギー問題を全く考えていないのではないか。
 
菅総理はエネルギー問題から責任を逃れをするつもりなら、原発を停止させる前に、自ら退陣せよ!

 

« 震災対策を兼ねた「野菜工場」の建設を   日本の農業が目指すべき「二つの方向性」 »

前のページにもどる前のページにもどる

活動ニュース
カテゴリ

主な活動地域

静岡3区公認候補
静岡県 磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市(旧浜岡町)、周智郡森町、浜松市(旧春野町)

お問い合わせ

〒422-8006

静岡市駿河区曲金4-1-12-2 2F

TEL 054-266-7837
Cell 090-6522-3441
FAX 054-266-7835

幸福実現党 Youtube幸福実現党チャンネル