活動ニュース


  1 2 3 4 5 6 7 8  

銀輪街宣

6月8日(火)

掛川市内を銀輪街宣しました。

1時間ほど自転車に乗り、途中の交差点で辻立ちも行いました。

①消費税や法人税を減らし、景気を回復させること。

②ばらまき政策による子供手当て支給ではなく、未来産業への投資による経済の活性化で、子供たちに明るい未来を約束すること。

③憲法9条改正により、自衛隊が外国の侵略に対して、まともに戦えるようにすること。

主に以上の点を、マイクを持って話しました。

 

 



静岡空港開港1周年

6月4日(金)

静岡空港が開港し、1年が経過する。

静岡県の川勝知事が、フジドリームエアラインズ(FDA)や全日空、韓国のアシアナ航空、大韓航空、中国東方航空など国内外の9社に感謝状を贈呈。航空会社の代表や吉岡徹郎富士山静岡空港社長ら関係者が、くす玉を割って1年を祝った。

近隣の島田市において、観光や出張で利用した市民から「遠出が楽になった」との声が聞かれる半面、事業所の多くが「開港効果なし」と受け止めるなど、経済効果への実感はあまりないようである。

やはり、空港を作れば便利になるが、それだけで地域振興が図れるかといえば、そうではないであろう。

「乗り物自体が価値を生むのではなく乗り物の先にある産業や事業があってこそ、経済が活性化される」はずである。

例えば、東京ディズニーランドを造り、そこまでに通じる交通インフラを整備するからこそ、人・物・金の移動が活性化されるわけである。

「この地域に、こういう産業を興し、人が集まってくるようにする」という計画と交通網の整備計画を合体させてこそ、相乗効果が生まれてくる。

「交通革命」と「新産業育成」の合体が「地域振興」の鍵になると考える。
 



磐田・袋井、街宣

5月27日(木)

静岡県参議院選挙区 中野候補と磐田・袋井を街宣しました。

街宣をするのは、去年の8月から9ヶ月ぶりです。

磐田駅付近で、専門学校の女の子数人が、一生懸命手を振ってくれました。

若い人たちが、もっと政治に関心を持ってくれて、この国を変えるエネルギー源になってくれることを期待しています。

 

 



農業を見直そう

5月20日

最近、幸福実現党のポスター貼りをやっていますが、町の中心地から離れ、農家の多い所をまわると、70歳ぐらいのおばちゃんが、元気に働いている姿を見かけます。
声をかけて話をすると「農業を継ぐ若いもんがいないので、農地を遊ばせてしまうことなるね。」と、よく聞きます。

そうです。この国は今、農業をする若い人が少ないので、実は危機に直面しているのです。なんと食料自給率が40%以下になろうとしています。もし、外国からの農産物の輸入がストップしたら、日本人は飢えてしまうのです!これは、大変です。

若い人が農業に就くのを妨げている原因の一つに農地法の規制があります。農地を自由に売買したり、貸し借りすることが難しいのでです。
簡単に言うと、農業は会社でやるのが難しく、個人でやるしかないのが現状なのです。

農業を自営でなく、会社の形でやれるようにすると、若い人が農業にも自由に転職でき、失業者対策にもなるのです。

聞くところによると、食料自給率の低下・休耕地の増加・後継者不足・農業の効率化など色々な問題に対処するため、農地法が改正され昨年の12月に施行されたようです。

しかし、まだ本格的な自由化にはなっていないようです。これからもっと、農地が自由に使えるようになってほしいものです。
 



ブログはじめました。

5月16日

Ameba のブログはじめました。

「egarinのブログ」で作成していますので、どうぞ見てみてください。



国家防衛

5月9日(日)

南西諸島防衛は、日本の安全保障上、極めて重要です。
このことは、日本国民は真剣に考えなくてはならないことです。


仮に米軍が沖縄から全て撤退した場合、どうすべきか。
それは、自衛隊が沖縄を守らなくてはならないということです。
そうした場合、沖縄県民は、自衛隊が沖縄を守ることさえも反対するのだろうか?

現在の左翼勢力が煽動している基地反対運動を許していたならば、将来自衛隊が沖縄に入ることさえ困難になる可能性が大きい。


日本国民は、沖縄の基地問題を他人事ではなく、真剣に考えておくべきだと思う。
沖縄県民が、日本と東アジアの安全保障上、極めて重要な役割を果たしていることを理解していただき、そして、そのことに誇りをもってもらえるように努力すべきだと考える。



参院選に向けて

4月24日(土)  今年の夏の参院選に向けて「幸福維新大会」が東京をメイン会場にして、全国で開催されました。静岡県は、引き続き、中野雄太候補を核にして活動していきます。

国難打破! このスローガンを高く掲げて戦ってまいります。

世界のリーダー国として尊敬される、理想国家日本の建設を目指してまいります。

元気出せ、日本! 目指せ!世界ナンバーワン「GDP・防衛力・学力水準」



鳩山内閣は退陣を!

4月2日(金) 掛川駅北口で、街頭演説を行いました。

子供手当てをはじめとする民主党のバラマキ政策は、将来的には大増税を招くものであり、将来的に国の経済を疲弊させるものである。

まず、やるべきは、宇宙・航空未来産業への公共投資と法人税の減税である。これにより地方の中小企業の活性化を刺激すべきである。

また、急激なCO2削減政策は、経済活動を縮小させ、中小企業の倒産と失業者を大量に作ってしまうことになる。まず、技術革新を推進させ、脱石油エネルギー社会の構築を図ることが必要である。

民主党は未来ビジョンを描けない。自分達の政権を維持することにしか関心がない。鳩山内閣に退陣を求めるものである。

未来政党「幸福実現党」は、未来経済政策による国家成長戦略を打ち出していきます!



掛川駅北口にて街宣

3月18日(木) 私は、今の鳩山内閣がやっている外交は、亡国の選択であることを憂い、掛川駅北口で街宣を行いました。

沖縄普天間基地を県外に移設することは、米軍の海兵隊の戦略的意味が分かっていないと言わざるをえない。沖縄の米軍海兵隊は、中国から台湾侵略を防ぐためにあるものである。

これを沖縄県外に移設することは、台湾防衛を難しくするものであり、ひいては沖縄を中国の軍事的脅威にさらすことになる。

もし、チベットのように沖縄が中国に侵略され、日本全土も侵略されたら、どうなるか。

おそらく、日本人は日本語の使用を禁止され、中国語を公用語にさせられるだろう。

また、私有財産は没収され、日本人の生活レベルは、中国人と同じレベルに下げられるだろう。

日本の伝統文化は破壊されるはずである。

皆さん、こんなこと耐えられますか?

 



沖縄が危ない!

3月17日(水) 普天間基地移設は、周辺の住民の危険の除去が大きな目的であるはずです。

一日でも早い移設の実現が望まれます。ですから、すでに日米で合意ができていた名護市辺野古沖建設を速やかに着工するべきです。

これを、県外移設にすることは、どんな意味があるのでしょうか?

中国共産党を信奉する左派勢力は、県外移設を非常に喜んで受け入れることでしょう。

なぜなら、沖縄から米軍海兵隊を移動させることは、中国が台湾を侵略するのに好都合だからです。

これは、沖縄県民にとっても、重大なことです。中国は、台湾を侵略したら次は必ず沖縄を侵略するからです。

今、沖縄が危ない!私は声を大にして訴えたい。沖縄県民よ。目を覚ましなさい!

二度と、戦(いくさ)を海の向こうから招いてはならない。

 

 



  1 2 3 4 5 6 7 8  

前のページにもどる前のページにもどる

活動ニュース
カテゴリ

主な活動地域

静岡3区公認候補
静岡県 磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市(旧浜岡町)、周智郡森町、浜松市(旧春野町)

お問い合わせ

〒422-8006

静岡市駿河区曲金4-1-12-2 2F

TEL 054-266-7837
Cell 090-6522-3441
FAX 054-266-7835


サポーター    募集中!!

ポスター掲示   募集中!!

幸福実現党 Youtube幸福実現党チャンネル