活動ニュース


  1 2 3 4 5 6 7 8  

学力テストは必要

3月8日(月) 小中学校における「学力テスト」の是非が問われている。

結論から言えば、「学力テスト」は必要であると考える。

まず、生徒の学力の程度を客観的に調べるために必要と言えよう。

3人の小学生を持つ親として、私は自分の子供の学力がどの程度あるのか知りたい。

つぎに、教師が生徒に教える力がどの程度あるのかを調べるために必要と言えよう。

子どもに基礎的な知識を身につけさせるために、教師がどの程度能力を持っているのか知りたい。

小中学校において、きちんと教育がなされているかどうかを評価しなければ、この国の教育レベルはだんだんと低下していき、国全体が没落していくおそれがあると、私は心配するものである。

 

 

 



日本を守る防人を思う

2月14日〔日) 先日、陸上自衛隊の幹部自衛官が、「同盟は『信頼してくれ』という言葉だけで維持されるものではない」と述べて、その発言が適切でないとして注意処分を受けた。

これは、政府が異なる意見を封じ込めるというものであり、このようなことが今後も行われるとしたら、日本の安全保障政策は一義的な方向にしか進まなくなり、日本の将来が危ぶまれよう。

また、シビリアン・コントロール(文民統制)とは、「文民である総理大臣が、防衛政策に関するあらゆる意見をふまえた上で、最終的にその判断をおこなうことである」と、とらえるべきであると考える。

総理大臣が、例えば、「敵の攻撃によって、わが国の領土が侵害されている。よし、迎撃せよ」と命じれば、自衛隊は動くわけであり、「駄目だ」と言ったら動かないのである。

今の日本政府のシビリアン・コントロールの考え方では自衛官の士気は下がり、いざという時に自衛隊の力が最大限に発揮されなくなるおそれがある。

自衛官は、命がけで日本を守る「防人(さきもり)」なのである。

 

 



建国記念の日

2月11日(木) 「建国記念の日」に改めて、日本の伝統文化について考えたい。

日本においては、地域の「お祭り」が「神社」を中心に行われていることが多い。このことから、日本の伝統文化には「日本神道」が大きな要素を含んでいる言えると思う。

日本の伝統文化を守るためには、「神社」を日本の文化遺産として大切にしなくてはならないと思う。

「皇室」を中心とした二千六百年の歴史があることによって、日本は「文化の重みを持った国」として誇りを持って世界に発言できるものと考える。

「建国記念の日」を大切にして、誇りある日本を創っていきたいものである。

 

 



「民主党内での政権交代」を

1月20日(水) 私は、2009年衆院選で静岡3区で闘った者として、民主党小山議員に対して尊敬の念を持っていることを明らかにして、次のことを言いたい。

ぜひ、松下政経塾出身者等の若手議員の方々が「民主党内での政権交代」に向けて決起していただきたい。

私は、この国の政治のあり方がまともになって欲しいと真に願うものである。

小山議員を含め、若手の国会議員の方々がこの国を正しい方向に導くことを期待している。

 



日米同盟強化を

1月19日(火) 掛川駅北口にて、街頭演説を行いました。

2010年1月19日は、新日米安保50周年記念日です。

この機会に「日米同盟を強化し、日本の平和を守る」ことを主張しました。

民主党政権で日本は守れるのでしょうか?

幸福実現党は、日米同盟を強化し、中国や北朝鮮に対し、毅然たる防衛体制を築くことを目指します!

 



街頭演説

12月29日(火) 掛川駅北口にて、17:30~18:00

幸福実現党 静岡県広報部長 中野雄太参議院候補といっしょに街頭演説を行いました。

国難打破!鳩山不況脱出!この国を元気にしていきます!



掛川駅木造駅舎

12月26日(土) 2009年もあと残りわずかである。

さて、掛川駅木造駅舎についてであるが、私は、基本的には保存をしたほうが良いと考える。

理由としては、掛川の観光資源を有効に使い、掛川の産業を振興させるべきだと考えるからである。

今、歴史ブームで、戦国時代のお城が注目され、歴史の好きな女性も増えつつある。このような時に、掛川城と掛川駅を結ぶルートを観光面でPRして、商店街を活性化させてどうかと思う。

具体的なビジョンを描き、それを実現させるアイデアをどんどん集めてみるべきであろう。



国防問題

12月16日(水) 現在、普天間基地移設が大きな問題となっている。これは、日米同盟を揺るがすものである。今、日本は、北朝鮮のミサイル危機が厳然としてある。このことを考えるなら、日米の合意を守り、日米同盟を堅持することが重要なはずである。

また、鳩山首相は天皇陛下が外国の要人と会う際のルールを無視する判断を行った。これは、天皇陛下を「政治的に利用」していると言わざるをえない。これを許したならば、今後の日本の外交は大変な方向にいくことが予想される。中国に対しては毅然たる態度をとらなければ、日本の安全は危ういものと考える。



普天間基地問題

12月16日(水) 普天間基地の移設問題がクローズアップされている。これは、沖縄県民の負担、すなわち米軍基地に隣接する民家の危険性を軽減することが目的のはずである。ならば、一刻も早く基地の移設を実現させることが優先されるべきである。したがって、まず辺野古沖に基地の機能を移すことが重要課題のはずである。このことを忘れてはならない。



幸福の科学 掛川支部

12月13日(日) 宗教法人 幸福の科学 掛川支部が開所しました。

私・江頭俊満が支部長を拝命しました。

今後とも、よろしくお願いします。

幸福実現党 静岡県本部副代表としても活動してまいります。



  1 2 3 4 5 6 7 8  

前のページにもどる前のページにもどる

活動ニュース
カテゴリ

主な活動地域

静岡3区公認候補
静岡県 磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市(旧浜岡町)、周智郡森町、浜松市(旧春野町)

お問い合わせ

〒422-8006

静岡市駿河区曲金4-1-12-2 2F

TEL 054-266-7837
Cell 090-6522-3441
FAX 054-266-7835


サポーター    募集中!!

ポスター掲示   募集中!!

幸福実現党 Youtube幸福実現党チャンネル